Quote
"思考に気をつけなさい。
それはいつか言葉になるから。
言葉に気をつけなさい。
それはいつか行動になるから。
行動に気をつけなさい。
それはいつか習慣になるから。
習慣に気をつけなさい。
それはいつか性格になるから。
性格に気をつけなさい。
それはいつか、あなたの運命になるから。


- マザー・テレサ

Be careful of your thoughts, for your thoughts become your words; Be careful of your words, for your words become your deeds; Be careful of your deeds, for your deeds become your habits; Be careful of your habits; for your habits become your character; Be careful of your character, for your character becomes your destiny."

それはいつか、あなたの運命になるから。 | DDN JAPAN (DIGITAL DJ Network) (via ninjatottori) (via dannnao) (via kyohei28) (via chiisanaehon) (via aka-ari) (via flatmountain) (via toukubo) (via takeyas) (via zaiga) (via sirchronofrost) (via undernine)
2010-05-26 (via gkojay) (via hkj) (via ak47) (via shortcutss) (via ma3104) (via usaginobike) (via 16493) (via maconn)

Quote
"■金森敦子(ノンフィクション作家)

 江戸後期から増えてくる東北の農村地帯の人たちが書いた旅日記を読むと、「私が習った江戸時代の歴史、江戸時代のイメージっていったい何だったんだろう」と驚くことが多いのです。

 そのなかで一番驚いたのは、関所抜けです。関所抜けと言うと言葉は柔らかいのですが、つまり関所破りのことで、幕府の掟では磔の刑に処せられることになっていました。一番重い刑ですね。それを、江戸時代の庶民たちは実に易々と破りながら長い旅をしているんです。

〈中略〉庶民の女性は関所手形を持たないで長旅をするのが常識だったようなんです。

 越後と信州の間に北国街道が通っています。越後の一番はずれに関川という宿場があり、ここは高田藩が徳川幕府から預かっていた関川の関所があります。この街道は善光寺参りに利用されていたため、女性の往来が非常に多かった。それで、女性連れが関川の宿に着くと、真っ昼間から旅籠の宿引きが袖を引く。「お客さん、当店にお泊まりになると関所を通らない道をご案内しますので、是非うちにお泊まり下さい」と。

〈中略〉それでどこを通るのかといえば、関川の関所を通るんです(笑)。関所には鍵のかかった頑丈な木戸がありますから通れません。ところが、端のほうに小さなくぐり戸があり、そこを堂々と抜けていくんです。それが毎夜、毎夜繰り返されている。

 ある人の旅日記によると、そのくぐり戸の下の地面が窪んでいたそうです。どれだけ大勢の人がそこを通ったことか。関所の関守は関所の内部かすぐ近くに住んでいましたから、毎夜、毎夜繰り返される関所破りを知らないはずはないんです。それなのに捕まえたという記録がありません。

 全国五十三カ所の関所でも、似たようなことが繰り返されていたようです。それでも庶民が関所を破って磔になったという例は数例しかないそうです。なんでこんなことになったのか。要するに、捕まえると幕府から「お前の関所の警備はなっておらんじゃないか」と怒られるからです。

〈中略〉また、旅日記を読んでいて感動したことがあります。それは、小さな男の子たちだけで奥州から伊勢まで旅する例が、とても多いことです。錦絵や各種の名所図会などに少年たちだけの絵が出てきますし、『東海道中膝栗毛』にも戸塚のちょっと手前で、弥次さんが奥州から出てきた少年たちをからかっているつもりが、逆にからかわれて餅をせしめられる場面があります。子供たちだけで二カ月も三カ月も旅行をしても、誰も「危ないから家に帰れ」とは言わない。みんなが少年たちの旅をまっとうさせてやろうとすごく援助しているんです。

 大人の旅でも無一文で旅に出る人がたくさんいました。それでもちゃんと帰ってこられるというのは、それだけ沿道の人たちの喜捨が多かったということです。自分よりも貧しい人には、お金なり、食べ物なりを施すというのが当たり前だった世界、それが江戸時代なんです。"

ぼやきくっくり | 江戸時代を見直そう (via taisukeorg)

(maconnから)

Photoset

ryanpanos:

Empire.is | Via

Empire.is, by Josh Begley, is a haunting site that plots the United States’ known military bases around the globe, then shows you their photographs (courtesy of Google and Bing image search).

“I’m not really interested in exposing secret bases,” Begley tells us. “I suppose I’m just trying to sketch the broad contours of our military footprint: what does it look like from above? How does it appear on a map? And in a fashion similar to the project I made about American prisons last year, how might we see this landscape as one continuous scroll?”

Not everything is visible. Bing and Google both censor satellite imagery not only by limiting our zoom, but by creating other interventions to separate the public from sensitive information (and not always in tandem). Volkel Air Base in the Netherlands, for instance, has been obfuscated at the request of their government. On Google, it’s a wash of green polygons, while on Bing, it’s a black blob. Meanwhile, a secret drone base that Wired’s Danger Room uncovered in Saudi Arabia appears fairly clearly on Bing, whereas Google provides a simple gray box that reads, “Sorry, we have no imagery here.”

Photoset

rissachangedforthebetter:

New York City is one of my favorite places in the world.

(元記事: jakexp (gameranから))

Photo
nihongo:

今年もヨロシクお願いします!
Quote
"

先日のこと。

教頭「K村先生ー」

K村「はい、なんでしょう」

教頭「この資料、今作ってるんだけど、ちょっと聞きたいことがあって……」

K村「ははあ」

教頭「ええと、このところの行頭をきちんとそろえて、2ページ目はグランドデザイン(A3版)をA4サイズに縮小して横向きに入れて、3ページ目はこれだけの文章がページ内に均等に納まるようにして……」

DTP、というほど大したものではありませんが、ちょっと手こずりそうです。

口頭で説明するのも、その後教頭先生のマウスがないノートパソコンで作成するのも。

K村「……私がやりますか?」

教頭「本当!? いつまでにできる?」

K村「えーと、いつまでにできればいいんですか」

教頭「来週の頭までに170部必要なんだけど」

K村「それなら大丈夫です。明後日くらいには原稿ができると思います。プリンタの調子が良ければ、印刷は一日で終わりますし」

教頭「やったあ! いやー、聞いてみてよかったわ。これにもう2週間もかかっちゃってさあ……」

えええええ。

教育界の悪いところは、現職教員の人件費を無料だと思っているところではないでしょうか。

文科省上層部から現場に至るまで、おおむね全部。

えらい人はえらい人で、

「ちょっとでも子どもに関係あることなら、とりあえず学校にやらせればいいや」

みたいなノリで、大した意味もない仕事を押しつけてきますし。

現場は現場で、

「少しでも子どもたちにとってプラスになることなら、とりあえず我々が片付ければいいや」

みたいなノリで、コスト度外視でいろんな仕事を抱えることになります。

しかし現実には、私たちの労働力は有限で、しかも税金から給料をもらっているわけですから、労働力を無駄遣いしないことも大切ではないでしょうか。

教育予算に限りがあるように、教員も、

「限られた教育資源」

なのですから、本当に教育的に意義のある仕事に注力することが必要だと思います。

以前など、行事で使う垂れ幕を、教務主任が模造紙で作って、マジックで字のふちどりをして、中の色を筆で塗っていました。

K村「先生、それ、一太郎に“垂れ幕印刷”って機能がありますから。それを使ってカラーで印刷したらあっという間ですよ」

教務「んー、でも、カラートナーがもったいないから。今年度の消耗品費も残り少ないし」

手塗り作業が終わるまでの教務主任の人件費に比べたら、トナー代なんて誤差範囲なんですが。

そういう、限られた時間と人員で、最大の生産性を発揮する、という意識は教育界には薄いな、と、常々思います。

民間企業であれば、生産性を高めることに血道をあげているだろう……と思うのですが、実はそれについても最近思うことがあります。

はてなの注目ブックマークなど見ていると、民間企業(主にIT関連)の人たちのための「~~するための5つの方法」みたいなのをよく目にします。

生産性の低いことでは人後に落ちない私なので、時々そういう記事も見てみるのですが。

もちろん参考になることも多々あるのですが、時として思うのは、

「これって“自分の”(あるいは、自分とその部下の)生産性を上げる方法だよな」

ということです。

自分の関わる部分の生産性を上げることが目的であって、周囲の部局とか、企業全体の生産性を上げることは視野に入っていない……というか、時には

「全体の生産性にとってどうなの?」

と思うこともあります。

私が頭が固いからかも知れませんが、

「メールチェックは一日一回にする」

とかって、そういうものの典型に思えます。

まあ、学校の場合、職員がメールで連絡を取り合うなんて洒落たシステムはないんでそもそも関係ないですが。

携帯すら、「あ、ごめんマナーモードになってたー」とか。

それ以前に本校一帯は携帯の電波が怪しいという。

ともあれ、おそらく一般企業では、企業全体の生産性向上は、企業のトップが考えることであって、部長は部の、係長は係の生産性を上げることだけ考えていれば良いのだろうな、と想像しています。

というか、他の部局のためを思いやっている余裕はない、というか。

もっと言えば、同僚を助けてやる義理はない、というか。

しかし、私たち教員は、ありがたいことに、ノルマやら営業成績やらに追われません。

おかげで、私のごとき平教員でも、学校全体の生産性向上を考えることができる、というわけです。

例えば、さっきの例で言えば、教頭先生の2週間の人件費を考えたら、私の2日間の人件費なんて、それこそ誤差範囲です。

同じ期間で考えても、教頭先生の方が高い給料をもらってるはずなわけで。

学校全体のことを考えたら、そういう仕事は、当然私がやるべきです。

そしてその間、教頭職にしかできない高度な業務を教頭先生がやるわけです。

先日は、同じ考えのもと、にして、教務主任から、パワーポイントの資料作成も引き受けてみました。

……まあ、いつも迷惑かけてばかりなので、たまに役に立てるのがうれしいだけ、って話もあるんですが。

公務員は非能率的だ、と言われますが、お互いの足を引っ張り合う必要がない、というのは大きな利点です。

前述のコスト意識を身に付けつつ、この利点を活かすことで、各職員が学校全体を見渡せばもっと優れた組織運営を行っていくことができるのではないか、と考えています。

K村「というわけで、この資料は私がやりますから」

教頭「ありがとう。ごめんね、本当は私がやるはずの仕事なのに」

K村「いいですいいです。その間に教頭先生はもっと有意義な仕事をなさってください」

教頭「はーい。じゃあ、ちょっと花壇の草むしりしてくるわね」

K村「……………」

…………。

ええとですね。

確かに、私が草むしりするより教頭先生がやった方が効率はいいんですけど。

"

教育の人件費について。 - 小学校笑いぐさ日記 (via petapeta)

(clioneから)

Photo
etherealvistas:

A message from above (Iceland) by D-P Photography

etherealvistas:

A message from above (Iceland) by D-P Photography

(travelthisworldから)

Photo
bluepueblo:


Musical Freeway, Los Angeles, California
photo-manipulaton via karen

bluepueblo:

Musical Freeway, Los Angeles, California

photo-manipulaton via karen

Photo
opticoverload:

The Milky Way from the top of Mauna Kea, Hawaii

opticoverload:

The Milky Way from the top of Mauna Kea, Hawaii

(travelthisworldから)

Photo
kotoripiyopiyo:

shantihtown:

Photo by miyake_yohei • Instagram

人びとは自分たちの本当の力を知らない

kotoripiyopiyo:

shantihtown:

Photo by miyake_yohei • Instagram

人びとは自分たちの本当の力を知らない

(ryu2netから)